簿記2級

簿記2級・商業簿記の出題範囲

簿記2級・商業簿記の出題範囲は下記の通りですが、黄色のマーカーが2級の新規項目です。簿記3級にどんな項目が増えるのかをチェックして見てください。

 

第一 簿記の基本原理
1.基礎概念
2.取引
3.勘定
4.帳簿
5.証ひょうと伝票

 

第二 諸取引の処理
1.現金預金
2.売買目的有価証券
3.売掛金と買掛金
4.その他の債権と債務
5.手形
6.引当金
7.債務の保証
8.商品
9.特殊商品売買
12.固定資産 
13.無形固定資産
15.投資その他の資産
16.繰延資産
20.純資産(資本)
21.収益と費用

22.税金
24.未決算

 

第三 決算
1.試算表の作成
2.精算表
3.決算整理
4.収益と費用の損益勘定への振替
5.純損益の振替
6.帳簿の締切
7.繰越試算表
8.損益計算書と貸借対照表の作成(報告式)
9.財務諸表の区分表示
10.株主資本等変動計算書

 

 

第四 株式会社会計
1.資本金
2.資本剰余金
3.利益剰余金
4.剰余金の配当など
6.会社の合併
9.社債

 

第五 本支店会計
1.本支店間取引の処理
2.未達事項の整理
3.内部利益の除去
4.本支店財務諸表の合併

 

 

 

簿記3級から学んでいる項目でも、簿記2級では新たな内容が加わっている場合もあります。

 

例えば、現金預金の項目には「銀行勘定調整表」や手形の項目でも「手形の不渡」「荷為替手形」等が追加されています。

 

これ以外にも、色々ありますので、
詳細は、商工会議所のホームページにある「簿記検定試験出題区分表」http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/kubun/h23_shokai.pdf
をご確認ください。

 

 

簿記2級合格を目指す方へ

 

  簿記2級を効率良く勉強する方法として、資格スクールの講座を利用する方法があります。

 

  私も、簿記3級や2級は通信コースで、簿記1級は通学コースで勉強し、何れも一回で
  合格することが出来ました。

 

  プロのカリキュラムに沿って学習のポイントを知ることや、アドバイスを受けることは、
  大きなメリットになったことを実感しています。

 

  おススメの簿記講座として、下記 「簿記の講座を徹底比較」の記事を参考にして下さい。

 

 

     簿記2級の講座 【資格の大原】

 

     簿記2級の講座 【資格の学校 TAC】

 

     簿記2級の講座 【大栄経理学院 (大栄教育システム)】

 

     簿記2級の講座 【合格のLEC】

 

     簿記2級の講座 【生涯学習のユーキャン】