簿記2級

簿記2級は、3級に比べてどんな違いがあるの?

簿記3級は、財務担当者に必須の基本知識が身につき、商店、中小企業の経理事務に役立つ内容ですが、簿記2級は、株式会社の経営管理に役立つ内容となっています。

 

大きな違いとして、簿記2級では簿記3級には無かった工業簿記が登場し、2科目になります

 

試験時間の2時間は変わりませんが、第1問から第3問までが商業簿記、第4問から第5問までが工業簿記の問題です。

 

100点満点中70点以上で合格というのも同じですが、商業簿記の配点が60点、工業簿記の配点が40点なので、商業簿記の点数だけでは合格しません。工業簿記の勉強も必須になります。

 

また、商業簿記も株式会社の経理となるため、簿記3級の内容に追加して、かなり新しい項目が加わります。
大きな項目としては、株式会社会計や本支店会計です。

 

新しく加わったその他の項目は、簿記2級の出題範囲として、次の記事にもう少し詳しく書いていますので、そちらをご参照ください。

 

簿記2級は、3級に比べてより深い知識が必要になってきますが、私の経験では、簿記の本当のおもしろさがわかってきたのは、簿記2級を勉強してからだったと思います。

 

 

簿記2級合格を目指す方へ

 

  簿記2級を効率良く勉強する方法として、資格スクールの講座を利用する方法があります。

 

  私も、簿記3級や2級は通信コースで、簿記1級は通学コースで勉強し、何れも一回で
  合格することが出来ました。

 

  プロのカリキュラムに沿って学習のポイントを知ることや、アドバイスを受けることは、
  大きなメリットになったことを実感しています。

 

  おススメの簿記講座として、下記 「簿記の講座を徹底比較」の記事を参考にして下さい。

 

 

     簿記2級の講座 【資格の大原】

 

     簿記2級の講座 【資格の学校 TAC】

 

     簿記2級の講座 【大栄経理学院 (大栄教育システム)】

 

     簿記2級の講座 【合格のLEC】

 

     簿記2級の講座 【生涯学習のユーキャン】