簿記2級

【簿記2級と私】 管理人のプロフィール

ご訪問ありがとうございます。
サイト管理人のみずきと申します。

 

 

私が初めて簿記を知ったのは、総合商社で営業事務をしていた時です。
部の方針で事務職全員が簿記3級の通信講座を受けることになりました。

 

その時はまじめに課題をこなして合格点をもらいましたが、仕事上ではコンピューターの自動仕分けで処理するため、売掛金・買掛金程度しか必要なく、その後勉強したこともすっかり忘れてしまっていました。

 

もう一度簿記にめぐり会ったのは、私の所属していた営業部門の子会社化に伴い、経理部へ異動になった時です。
営業事務とは180度違う経理部門に配属され、簿記を勉強する必要性を感じました。

 

とっくに忘れた簿記3級のテキストや問題集を引っ張り出して、勉強し直し、社内試験の簿記と日商簿記3級の検定試験を受けることにしました。

 

 

両方とも合格してから半年程経って、やはり株式会社のレベルまで学ぶ簿記2級を勉強しようと思いました。

 

簿記2級は、会社の通信教育を利用できるのが商業簿記だけだったので、工業簿記は参考書と問題集を買って独学で勉強しましたが、原価計算等新しいことを学ぶ内にどんどん楽しくなって行きました。

 

そして、勉強すればする程、簿記の仕組みに感心し、経理の仕事が「目から鱗」の様に理解できて仕事もおもしろくなって行ったのです。

 

簿記2級に合格した時には、すっかり簿記の魅力に引き込まれていました。
そして、自然に簿記1級を目指していました。

 

 

簿記1級は、2級よりかなり難しいと聞いていましたので、資格スクールに通って短期合格を目指すことにしました。

 

スクールは、会社帰りに通える便利な場所にあった大栄経理学院を選びました。担任の先生の講義が素晴らしく、テキストもわかりやすかったので、
週2回の夜の通学も楽しく通っていました。仕事の都合で欠席する時には、土日の振替授業に出席しました。

 

試験前1ヶ月の土日は、自宅でも過去問題集ばかりしていたと思います。
半年くらい、集中して勉強した甲斐があって、1回で合格することができましたが、やはりスクールのおかげだと思います。

 

スクールに通う方が効率良く短期で合格することができると思いますが、休まずに通うこと、講義に集中すること、わからないことはすぐに先生に聞くこと等、受講料を無駄にしないように積極的に活用する気持が大事です。スクールに通っていることで、安心してしまわないことですね。

 

 

簿記2級、1級と合格して行く内に、上司にも認めて頂き、アシスタントの仕事から担当者に変わり、仕事にやりがいが出たことは私の会社生活の中でも大きな転機となりました。

 

簿記に出会えて良かった。」「簿記を勉強して良かった。
この思いが、このサイトに少しでも表現できたら、そして訪問して下さった方全員が簿記2級に合格することを願っています。

 

 

簿記2級合格を目指す方へ

 

  簿記2級を効率良く勉強する方法として、資格スクールの講座を利用する方法があります。

 

  私も、簿記3級や2級は通信コースで、簿記1級は通学コースで勉強し、何れも一回で
  合格することが出来ました。

 

  プロのカリキュラムに沿って学習のポイントを知ることや、アドバイスを受けることは、
  大きなメリットになったことを実感しています。

 

  おススメの簿記講座として、下記 「簿記の講座を徹底比較」の記事を参考にして下さい。

 

 

     簿記2級の講座 【資格の大原】

 

     簿記2級の講座 【資格の学校 TAC】

 

     簿記2級の講座 【大栄経理学院 (大栄教育システム)】

 

     簿記2級の講座 【合格のLEC】

 

     簿記2級の講座 【生涯学習のユーキャン】