簿記2級

【日商簿記検定】 簿記3級、簿記2級、簿記1級の試験概要

日商簿記の検定試験は、1級から4級までありますが、3級から始める人が多く、私も3級の勉強から始めました。

 

いきなり、2級や1級を受験することも可能ですが、私の経験上では受験は2級からでも、勉強は3級から始めた方が良いと思います。

 

では、簿記3級、2級、1級と順番に、その概要を見ていきましょう。

 

 

[簿記3級]
財務担当者に必須の基本知識が身に付いているかどうかを問われる試験です。

 

商店、中小企業の経理事務に役立ち、経理関連書類の読み取りができ、取引先企業の経営状況を数字から理解できるようになることを期待されています。

 

試験科目は商業簿記の1科目で、試験時間は2時間です。
100点満点中、70点以上で合格となります。

 

 

[簿記2級]
高校程度の商業簿記および工業簿記が身に付いていて、初歩的な原価計算もできるかどうかを問われる試験です。

 

財務諸表を読む力がつき、企業の経営状況を把握できて株式会社の経営管理に役立つことを期待されています。

 

試験科目は、商業簿記と工業簿記の2科目です。
商業簿記が3問で60点、工業簿記が2問で40点の配点となっており、合計100点満点中70点以上で合格です。

 

試験時間は、商業簿記と工業簿記の2科目で2時間です。

 

 

[簿記1級]
大学程度の商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算が身に付いていて、財務諸表規則や企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができるかどうかを問われる試験です。

 

税理士、公認会計士などの国家試験の登竜門として位置づけられており、
税理士試験の受験資格が与えられます。

 

試験科目は、商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算の4科目です。
それぞれの科目が25点ずつで、合計100点満点中70点以上取ると合格です。しかし、1科目でも10点未満だと不合格になりますので、注意が必要です。

 

試験時間は、商業簿記と会計学で1時間半、工業簿記と原価計算で1時間半の合計3時間で実施されます。

 

 

簿記2級合格を目指す方へ

 

  簿記2級を効率良く勉強する方法として、資格スクールの講座を利用する方法があります。

 

  私も、簿記3級や2級は通信コースで、簿記1級は通学コースで勉強し、何れも一回で
  合格することが出来ました。

 

  プロのカリキュラムに沿って学習のポイントを知ることや、アドバイスを受けることは、
  大きなメリットになったことを実感しています。

 

  おススメの簿記講座として、下記 「簿記の講座を徹底比較」の記事を参考にして下さい。

 

 

     簿記2級の講座 【資格の大原】

 

     簿記2級の講座 【資格の学校 TAC】

 

     簿記2級の講座 【大栄経理学院 (大栄教育システム)】

 

     簿記2級の講座 【合格のLEC】

 

     簿記2級の講座 【生涯学習のユーキャン】