簿記2級

簿記2級の講座 【資格の学校 TAC】

TACは、Tokyo Accounting Centerの略で、1980年設立で、現在は東証1部に上場しており、資格取得の学校としては最大手で、全国に学校があります。
「合格への近道を進もう!効率性と安心感のTAC」がキャッチフレーズです。

 

では、TACの特徴を見て行きましょう。

 

1) ライフスタイルにあわせた学習方法が選べます。
通学では教室講座とTACのビデオルームで学習するビデオ(DVD)講座があります。

 

通信では見て学ぶWeb通信講座とDVD通信講座、聴いて学ぶダウンロード通信講座が用意されています。

 

2) TACの講師陣は簿記受験のプロ集団として、試験傾向を分析し日々研究を重ねており、短期合格を目指すために、適切な指導とポイントを押さえた解説をし、理解して覚えるためのノウハウを盛り込んだ講義を提供しています。

 

3) TACのカリキュラムは、
   基本講義 → 基礎演習・講義 → 直前答練 → 的中答練
   の流れで、簿記2級の標準的な回数は次の通り、全部で32回です。

 

   基本講義は、商業簿記10回、工業簿記10回、
   基礎演習・講義は4回、直前答練4回、的中答練4回

 

4) TACのオリジナル教材「合格テキスト&合格トレーニング」は、各論点が受験対策用に整理されており、図解やイラストを用いてわかりやすく作成されています。

 

5) TACのフォロー制度として、入学前には無料講座説明会や無料公開セミナーがあります。

 

入学後の通学生にはクラス自由出席制度や重複受講制度、質問電話等があります。

 

通信生には質問電話や質問カードがあり、わからないことがあっても安心です。希望者には、専任講師が随時電話にて学習進捗状況や問題点を確認してくれるそうです。

 

6) 教育訓練給付制度の指定講座があります。

 

 

 

【TACのホームページ】
http://www.tac-school.co.jp/kouza_boki/

 

TACの資料請求

TACの講座について、もっと詳しい情報を知りたい場合は、ホームページから無料の資料を請求して確認することができます。

 

 

     TACの資料請求