簿記2級

簿記2級・工業簿記の出題範囲

工業簿記は、簿記2級で初めて学びます。
項目を見ても、見慣れない言葉が多くて難しそうに感じると思いますが、順を追って勉強すれば、大丈夫です。

 

ここでは、どんなことを学ぶのか、ざっと目を通してみて下さい。

 

 

第一 工業簿記の本質
1.工業経営の特質
2.工業経営における責任センター
3.工業簿記の特色
4.工業簿記と原価計算
5.原価計算基準
6.工業簿記の種類

 

第二 原価
1.原価の意義
2.原価の要素、種類、態様
3.非原価項目

 

第三 原価計算
1.原価計算の意義と目的
2.原価計算の種類と形態
3.原価計算の手続
4.原価(計算)単位
5.原価計算期間

 

第四 工業簿記の構造
1.勘定体系
2.帳簿組織
3.決算手続
4.財務諸表

 

第五 材料費計算
1.材料費の分類
2.材料関係の証ひょうおよび帳簿
3.購入価額(副費の予定計算を含む)
4.消費量の計算
5.消費単価の計算(予定価格による計算を含む)
6.期末棚卸高の計算

 

第六 労務費計算
1.労務費の分類
2.賃金関係の証ひょうおよび帳簿
3.作業時間および作業量の計算
4.消費賃金の計算(予定賃率による計算を含む)
5.支払賃金、給料の計算

 

第七 経費計算
1.経費の分類
2.経費関係の証ひょうおよび帳簿
3.経費の計算 複合費の計算

 

第八 製造間接費計算
1.製造間接費の分類
2.製造間接費関係の証ひょうおよび帳簿
3.固定予算と変動予算
4.製造間接費の製品への配賦(予定配賦を含む)
5.配賦差額の原因分析
6.配賦差額の処理

 

第九 部門費計算
1.部門費計算の意義と目的
2.原価部門の設定
3.部門個別費と部門共通費
4.部門費の集計
5.補助部門費の製造部門への配賦

 

第十 個別原価計算
1.個別原価計算の意義
2.製造指図書と原価計算表
3.個別原価計算の方法と記帳
4.仕損費の計算
5.仕損費の処理
6.作業屑の処理

 

第十一 総合原価計算
1.総合原価計算の意義
2.総合原価計算の種類
3.単純総合原価計算の方法と記帳
4.等級別総合原価計算の方法と記帳
5.組別総合原価計算の方法と記帳
6.総合原価計算における完成品総合原価と期末仕掛品原価の計算
7.工程別総合原価計算
8.正常仕損費と正常減損費の処理(度外視法) (非度外視法)
10.副産物の処理と評価

 

第十二 標準原価計算
1.標準原価計算の意義と目的
2.標準原価計算の方法と記帳
3.標準原価差額の原因分析
4.標準原価差額の会計処理

 

第十三 原価・営業量・利益関係
の分析
1.損益分岐図表
2.損益分岐分析の計算方法

 

第十四 原価予測の方法
1.費目別精査法
2.高低点法

 

第十五 直接原価計算
1.直接原価計算の意義と目的
2.直接原価計算の方法と記帳
3.固定費調整

 

第十六 製品の受払い
1.製品の受入れと記帳
2.製品の販売と記帳

 

第十七 営業費計算
1.営業費の意義
2.営業費の分類と記帳

 

第十八 工場会計の独立

 

 

 

詳細は、商工会議所のホームページにある「簿記検定試験出題区分表」http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/kubun/h23_kogen.pdf
をご確認ください。

 

 

簿記2級合格を目指す方へ

 

  簿記2級を効率良く勉強する方法として、資格スクールの講座を利用する方法があります。

 

  私も、簿記3級や2級は通信コースで、簿記1級は通学コースで勉強し、何れも一回で
  合格することが出来ました。

 

  プロのカリキュラムに沿って学習のポイントを知ることや、アドバイスを受けることは、
  大きなメリットになったことを実感しています。

 

  おススメの簿記講座として、下記 「簿記の講座を徹底比較」の記事を参考にして下さい。

 

 

     簿記2級の講座 【資格の大原】

 

     簿記2級の講座 【資格の学校 TAC】

 

     簿記2級の講座 【大栄経理学院 (大栄教育システム)】

 

     簿記2級の講座 【合格のLEC】

 

     簿記2級の講座 【生涯学習のユーキャン】